今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」


今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」

 読売新聞社が17~19日に実施した全国世論調査で、政党支持率が自民党41%に対し無党派層が39%となったことを受け前東京都知事の舛添要一氏は「無党派は野党ではなく自民党に行くことが最大の問題だ」との認識を示した。

 ちなみに先週、NHKの調査結果に舛添氏は「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」と全く逆のことを書いている。


スポンサーリンク

無党派層は与党か野党か?

 先週の「野党+無党派で政権交代は可能」という投稿が話題となり、世間の失笑を買ったことがよほど効いたようだ。件の投稿が自分のレベルを示すものではないと否定するため今週は「無党派は自民党に行く」と訂正したのだだろう。

 支持率調査の「無党派層(支持政党なし)」の分析については諸説あるが、支持率の上下が最も激しいのが「自民党」と「無党派層」であることから、与党自民党の政権運営に対する評価が低い場合は消極的自民党支持者が「支持政党なし」と答える傾向にあるのだろう。
 一方で、投票所まで足を運ぶ無党派層は、出口調査で野党に投票したと答える傾向もある。無党派層の中でも真面目に投票に行く人たちは変化を求めているので野党に寄るのだろう。ただ、これが投票率が極端に上がりほぼ100%に迫った場合、与党勝利を確信して今まで投票に行かなかった消極的自民党支持者が掘り起こされるとも考えられる。

 いずれにしても無党派層をすべて野党票に組み入れて計算するのは完全に間違いで、投票に行かず安心している無党派層が「野党支持」か「自民党支持」かを考えたときに、必死な野党支持者に対して安心しているのは自民党支持者であることは容易に想像がつく。

 よって、先週の舛添さんが間違いで今週の舛添さんが正解!

関連:舛添要一さん「自公維で支持率45.0%、野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」捕らぬ狸の皮算用
関連:炎上!舛添要一がピエール瀧と新井浩文を擁護「品行方正はいらない、だから常人に不可能な創造ができる」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【選挙互助会】立憲民主党と国民民主党が結集しても政権交代が不可能な理由KSLマガジンvol.3【選挙互助会】立憲民主党と国民民主党が結集しても政権交代が不可能な理由

【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ





最近の記事

  1. 酷いデマ!菅直人さん「大震災当時の大連立は安倍現総理などの妨害で実現しなかった」谷垣総裁に即日断られ、当時の安倍さんは自民党でも無役
  2. 赤っ恥動画!立憲・枝野代表「亡くなられた方は良性?感染していなかったと?」加藤大臣「陽性です(良性ってなんだよ)感染ということ」
  3. パワハラ動画!立憲・川内議員「読め!言ってんじゃねえの!」官僚を怒鳴り北村大臣に「辞めますってここで言って」→主査に注意を受ける
  4. 室井佑月ら左翼がデマ拡散「日本政府が日の丸マスクを配布」→毎日新聞の印象操作でした!町山智浩氏は謝罪して撤回
  5. そうでしたっけ?フフフ れいわ新選組・太田和美の事務所ポスターが「ピンクビラ」みたいだと話題に
  6. 沼津市のラブライブ観光PRを嘲笑した共産党・かわの祥子さんがツイッター投稿削除→炎上やまずアカウントに鍵
  7. お宝動画発掘!あの福島瑞穂さんがキレッキレのダンシングクイーンだったことを君たちは知っているか?
  8. やっぱり捏造だった→朝日新聞の『米軍駐留費「日本は5倍負担を」 ボルトン氏が来日時に』こっそりお詫びと訂正
  9. 動画検証!福島瑞穂「帰れ!と大声で罵る茂木大臣。パワハラそのもの」→野党のヤジから官僚を助けたシーンをカット編集、悪質な印象操作
  10. やったぜ!立憲民主党公式「内閣支持率:続落26%」→残念!2017年の記事でした、有田芳生さんも釣られて投稿



最近の投稿

PAGE TOP