毎日新聞写真部「安倍総理が#募るの意味を資料として準備していた」→野党議員が資料提出したものでした


毎日新聞写真部「安倍総理が#募るの意味を資料として準備していた」→野党議員が資料提出したものでした

 毎日新聞写真部のツイッターアカウントが、29日の参議院予算員会で安倍総理が「募る」の意味が大きく書かれた資料を用意していたと誤認させる写真を投稿し批判を浴びている。
毎日新聞写真部「安倍総理が#募る と書かれた資料を準備していた」→野党議員が資料提出したものでした


 この投稿には、まるで安倍総理が「募る」の意味が分からないかのような中傷コメントが相次いだが、実際には野党議員が質疑用に準備して配布したものであり、3時間後に訂正のツイートが行われた。


資料は誰が用意したものか?

 29日の予算委員会は当サイトでも中継を行っていたが、写真にあるような「募る」に関する質疑はなかった。桜を見る会を主に追求した蓮舫議員の公開した資料にも該当するものはない。だが、委員会の動画を再度確認すると、立憲民主党の石垣のりこ議員の質疑冒頭でパネルが登場している。
毎日新聞写真部「安倍総理が#募る と書かれた資料を準備していた」→野党議員が資料提出したものでした

 これは、石垣議員が指定したものではなく、隣で補助をしていた議員が誤って掲示したものだが、間違いに気が付きすぐに下げられた。よって、石垣議員が用意したものと断定することはできない。
追記:開き直って本人が自白

 それにしても、毎日新聞の投稿は極めて悪質な印象操作である。指摘を受けても記事を取り下げず、最初の投稿は残したまま再投稿をするという往生際の悪さは始末に負えない。(本記事公開後に削除逃亡)

関連:毎日新聞の捏造!菅官房長官の発言、反社の定義に「お困りであれば警察に」→別の発言を切り取り逆の意味にして掲載
関連:毎日新聞が架空の少女取材「いじめ受けた17歳」→実際は40代半ばの女性、昨年8月には死亡説「自ら命を絶った」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲民主党・石垣のりこ議員「新型肺炎ウイルスより先に桜を見る会を正さなければならない!」予算委員会で堂々宣言立憲民主党・石垣のりこ議員「新型肺炎ウイルスより先に桜を見る会を正さなければならない!」予算委員会で堂々宣言

反原発カルトが理解できない「手術を受ける患者が受電」で「医者が給電」という視点KSLマガジンvol.5 反原発カルトが理解できない「手術を受ける患者が受電」で「医者が給電」という視点

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP