【動画】山尾志桜里議員「中国政府による香港への国家安全法の一方的な導入に反対する共同声明」国会で署名呼びかけ


 山尾志桜里衆院議員(無所属)は26日、衆議院法務委員会での質問冒頭で「中国政府による香港への国家安全法の一方的な導入に反対する共同声明」へ日本の国会議員も賛同する呼びかけた。現時点で日本からは山尾氏と自民党の山田宏参院議員が署名している。
 山尾氏は中国政府による重大な人権侵害だけでなく、どのような国の振る舞いでであっても国会が主導して制裁の検討や調査が求められる法整備の必要性も訴え、与野党問わず協力を呼び掛けた。

保守層からの評価が高まる山尾氏

 民進党時代は強気の攻めの一方で、秘書によるガソリン第不正請求や不倫報道でバッシングを受けた山尾氏であるが、立憲民主党では党と対立してでも憲法審査会での議論を求めるなど徐々に保守層からの支持を得るようになっている。昨年11月の憲法審査会で語った「政治家としての務め」は多くの有権者から称賛されネガティブなイメージを一気に払拭している。

 と言っても与党に擦り寄るようなことはなく、法務委員会では森まさこ法務大臣がグロッキーになるほど猛烈な質疑をしている。黒川氏の定年延長問題も、検察官であった山尾氏の理詰め追及で与党が追い込まれていった経緯がある。2月には黒川問題で森法務大臣を答弁不能のKO寸前まで追い込んだが、野党共同会派の退席パフォーマンスに巻き込まれている。その際に山尾氏は「ちゃんとした議論がしたい」と退席に抵抗したが聞き入れられず、最終的には3月の本会議採決を巡り立憲民主党と対立し離党している。

 保守層からの支持も得始めた山尾氏は、次期衆院選での去就が注目される。自民党入りすることはないだろうが、旧民進でも国民民主党の玉木代表とは離党前から連携していたので、次の衆院選では国民民主党公認もありえる。(連合のご機嫌次第)すっかり左に傾き倒れ掛かっている立憲・共産を軸とした野党共闘も、山尾氏の去就によっては国民民主党を核とした新機軸に主導権を奪われる可能性もある。

関連:【動画】野党がまた委員会退席!山尾志桜里議員「ちゃんとした議論がしたい」抵抗むなしく理事に連れ出される
関連:立憲民主党・石垣のりこ議員「新型肺炎ウイルスより先に桜を見る会を正さなければならない!」予算委員会で堂々宣言

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲・塩村あやか議員、加藤茶さんを中傷した過去の投稿を削除せず放置 年の差結婚「人間じゃない」「気持ち悪い」

木村花さんの遺書を無断で報じた東京新聞など記事を削除 捜査関係者のリークをTBSが速報→各社追随し報道加熱

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP