朝日新聞「大阪府、コロナで医師3人死亡」→吉村知事「誤報の可能性あり、マスコミは再取材の上、正確な報道を」


 朝日新聞デジタルが22日夜に配信した記事「大阪府医師会長「コロナで医師3人死亡」 感染者を診断」について、大阪府の吉村洋文知事は23日にツイッターで誤報の可能性を指摘した。

誤報の可能性あり。死亡者86名全員の個票を再調査、全保健所長に聞き取りしたが、確認できず。1名70代の医療従事者がおられるが、発覚時点で重傷だったのでコロナ患者に接した事実は不明。当該診療所からコロナ患者が出た事実は無し。マスコミは再取材の上、正確な報道を。

「重傷」→「重症」
ちなみに府医師会長が院内感染を防ごうという議論の中で発言された内容。現時点で府が把握してる情報では事実確認できない。確認できれば公表する。医師会長を批判する意図は毛頭ない。シナリオなし、フルオープンの会議の中でなされた発言。マスコミは報道するなら裏どり取材を。

大阪府の聞き取りでは確認できず

 あくまで大阪府医師会長が会合で話しただけで、3名の死因を新型コロナ感染と裏付けるものはないようだ。会長の発言をメディアが報じるのは良いとして、裏どりができていない不確定情報であることが記事からは読み取れない。また、大阪府医師会長は「おそらく」としているのに朝日新聞が「明らかにした」と、何かを示したかのような記述になっている。

大阪府医師会長「コロナで医師3人死亡」 感染者を診断
 大阪府医師会の茂松茂人会長は22日、府の新型コロナウイルスの専門家会議に委員として出席して「(府内の)一般の診療所でおそらく3人のドクターがコロナで亡くなった」と明らかにした。

 吉村知事は事実確認できれば公表するとしているが、医師会長が院内感染を防ぐという趣旨で発言した際に、感染で死亡した可能性を示しただけのようだ。朝日新聞の報じ方では大阪府の発表と医師会の認識に齟齬が生じているような印象を受ける。大阪府では全保健所長に聞き取り調査を行い、1名医療従事者が無くなっていることを把握しているが、3名という事実は確認できていないという。

関連:メディアが仕組み理解せず対立煽る?西村大臣「(吉村知事は)勘違いしている」→双方が一部報道で生じた誤解に言及
関連:立憲・尾辻かな子「厚労省は大阪に自粛要請の通知は出していない。松井市長は不正確」→加藤大臣が通知を認める

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

鳩山由紀夫さん「小さな島国日本は軍事によって外国の軍事攻撃から守ることは不可能。尊敬され信頼される国になるしかない」辺野古移設の功労者がなんか言ってる

野党との連携報道に自民・石破派議員「ない、迷惑」立憲・福山幹事長も否定「連携を言うこと自体が適切ではない」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP