宇都宮選対「餃子もダメ、まさかそんな子ども言い聞かせるようなことを」東京4区総支部長「この件で苦情電話が夜中まで」枝野代表のツイートに党内外から疑問の声


 立憲民主党の枝野幸男代表が「#宇都宮」で餃子の話題を東京都知事選挙票日当日にツイッターに投稿した問題に、党内外からも軽率な行為を疑問視する声が上がっている。

 宇都宮健児氏の選対は7日、過去の選挙で選挙管理委員会に確認して「餃子」も違反になる可能性があることをボランティアにアナウンスしていたことを明かした。そのうえで、弁護士資格を持つ枝野氏について「まさかそんな子ども言い聞かせるようなこと、法の専門家に事前にご注意申し上げられるわけもなく…。」と、選対としては管理できない範疇であったことをツイッターで説明している。


立憲の支部には苦情が夜中まで続く

 枝野氏の行為は立憲関係者からも疑問視されている。立憲民主党の井戸まさえ東京4区総支部長は7日、枝野氏の投稿問題にツイッターで言及し「意図がないとしたとしても迂闊」と指摘し、この問題で総支部に夜中まで苦情電話が続いたことを明かした。

 枝野氏はこの問題について記者から問われ「他意はない」と答えている。福山哲郎幹事長も7日の定例会見で「他意はないと聞いている。それ以上でもそれ以下でも無い」と問題視していない。

 立憲の上層部がこれを問題視しなくとも、対立陣営だけでなく党内からも疑問視する声が上がっているのは事実だ。筆者もこれまでの経験で何度も選管に取材しているが、基本的に氏名などを「類推させる」というのも公職選挙法で投票日当日に禁止された選挙運動にあたるという見解だ。

 これを弁護士資格を持つ枝野氏が知らなかったはずはなく、他意はないにしても結果的に投稿が問題視されているということに真摯に向き合わないのは余りにも不誠実だ。

関連:セコい立憲民主党!都知事選投票日に「#宇都宮」で餃子の話題、枝野代表ら関係者が一斉投稿するもトレンド入りせず
関連:協同組合・宇都宮餃子会の公式「少し悲しくなった」立憲民主党の公選法逃れに「宇都宮餃子」を利用され困惑

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲・枝野代表、次期衆院選「自身を首相に指名することが候補者一本化の条件」→9月の代表選を無視した傲慢発言

須藤元気「3回離党届を出したが受理されない」福山幹事長「アポ取らず不在時に勝手に来る、そりゃダメでしょって」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP