福山哲郎さんボケる「民主党はかつて政権交代を果たした知名度もあり、大きな信頼と期待を寄せていただける」


 立憲民主党の福山哲郎幹事長と国民民主党の平野博文幹事長が15日、国会内で面談し合流に向けた協議を行った。立憲側からは、両党を解党し党名を「立憲民主党」として略称は「民主党」とすることなどが提案され、国民の平野幹事長は、いったん党内に持ち帰って検討する考えを示した。

 会談後に福山幹事長は記者団に対して「全員が新しい政党に入る環境を整えることが大事だ。略称の『民主党』はかつて政権交代を果たした知名度もあり、大きな信頼と期待を寄せていただけるのではないか」と述べた。
出典:立憲民主 国民民主に提案 両党解散し新党を 党名は立憲民主党 | NHKニュース

比例復活で離党した連中を助ける目的

 こういうところが立憲民主党のダメなところ。先の民主党政権の失敗を反省する国民民主党と、未だに夢を見ている立憲民主党の考えの違いだろう。両党ともに「民主党」と言う名前への愛着があることは確かだが、これを「大きな期待と信頼」と思ってるのは立憲側の妄想だろう。

 そもそも憲政史上で最も小さい野党第一党となっている立憲民主党が、何を偉そうにイニシアチブ握ってる体で話を進めるのか。国民民主党の支持率は絶望的であるが、立憲民主党も悪夢の民主党政権時代よりも支持率が低く、完全崩壊となった民進党末期よりも事態は悪化している。

 解党案に関しても、国民民主党を除籍になった比例復活議員らが前回選挙時に戦った他党に移籍できないことから、新党を作って入党させ代表選で枝野氏を中心とした体制に票を投じさせる目的だろう。有権者を完全に舐め切っている。比例で復活しながら離党した議員らを助けるために解党したところで、また形勢が不利になれば彼らは逃げ出す。

 それが「民主党」のイメージであることを福山氏は理解するべきだ。

関連:須藤元気「3回離党届を出したが受理されない」福山幹事長「アポ取らず不在時に勝手に来る、そりゃダメでしょって」
関連:野党との連携報道に自民・石破派議員「ない、迷惑」立憲・福山幹事長も否定「連携を言うこと自体が適切ではない」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

デタラメ毎日新聞「安倍首相は不安が広がっているGo Toキャンペーンに”ウィズコロナ”における新しい旅のスタイルと述べた」→赤羽大臣の発言でした

【命の選別】れいわ勝手連、大西氏の除名撤回を求める署名を提出→高齢は遺伝的素質ではないから優生思想ではない?

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP