中国から届く謎の種子、日本でも報告相次ぐ 植物防疫所が注意喚起「植えないで」遺棄すれば発芽し繁殖する危険性も


 米国で注文していない植物の種子のようなものが送り付けられるという報告が相次ぎ、ワシントン州の農務当局が届いたら植えないよう呼びかけていた問題。

 日本でも注文していない種子のようなものが届く事例が報告されている。


植物防疫所が注意喚起のツイート

 農林水産省植物防疫所ではこの事態を受けて注意喚起するツイートを行っている。

海外から注文していない植物が郵送された場合は、植物防疫所にご相談ください:植物防疫所

 届いた場合は開封をせず植物防疫所に相談するよう呼びかけている。また、未開封の場合はそのまま受け取り拒否の返送ができるとのことだ。

 植物防疫法では受け取り側が知らずに未検疫の種子等を所持したとしても罰する規定はなく、求められているのは速やかな報告と提出である。これは、海外からの手紙などに種子が同封されるケースや海外渡航者が気が付かないうちに(衣類への付着等)持ち込んでしまうことがあるが、その場合に遺棄されることを防ぐ目的もある。そのため、植物防疫所の職員の対応は省庁の中でも極めて丁寧で温厚である。もし逮捕や罰があると誤解されたら、遺棄される確率が高くなるからだ。

 今回のようなケースで所持した未検疫の種子で受け取り側が罰せられることはありません。驚いて遺棄したり、植えて種子の正体を確かめるようなことはせず速やかに植物防疫所に連絡することが肝要だ。植物の種類によっては発芽して成長したら爆発的に繁殖して日本原産の植物を駆逐する危険性もある。

 筆者の取材経験上、植物防疫所に連絡するのが最善策です。勝手に遺棄するとゴミとしての移動が始まり思わぬところで発芽し繁殖しますので、絶対に捨てないように。また、植物の種子のように見えて実はナナフシなど昆虫の卵であることもあるので要注意です。

関連:トウモロコシ輸入を批判した連中が急に静かに?ツマジロクサヨトウ愛媛・千葉でも確認、全国14県で発生
関連:フェイクニュース「武漢から日本への入国に成功した中国人」→武漢ではなく広東省在住、アノニマスポストが創作

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

誤報?朝日新聞のコロナ報道「大須でも 名古屋で市中感染が拡大か」大須商店街連盟「感染と報道されたが該当者はいません」→事務局に取材してみた

フジテレビのテラハ検証報告「スタッフの指示・強要は確認されなかった」とにかく木村花さんがキレていたと主張、第三者委員会も設置せず

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP