またウソがバレる蓮舫「たった3日、会期の短さに反対」→公明党議員「会期については各会派合意していた。ところが前日に突然、反対を表明」

 立憲民主党の蓮舫副代表は16日、新しい総理大臣を指名するための臨時国会について「たった3日間」と会期の短さをツイッターで批判した。


有権者を馬鹿にしたパフォーマンス

 この蓮舫氏のコメントがメディアで取り上げれたことについて、公明党の伊佐進一衆院議員は「会期については、3日間ということで各会派合意していました」と与野党間の合意事項であったことを明かし、前日の15日になって突然「反対」のパフォーマンスを始めたことに疑問を呈している。


 こういった例は今回だけでなく、国体間や理事間で協議して合意しても、後になって「与党の強引な運営」と野党が騒ぎ出す。円満に合意して取引してき野党の国会対策委員長や理事を責めればいいのに、有権者はどうせ理解していないだろうと見下して反対パフォーマンスを披露しているのだ。

 最低ですね、蓮舫さんって。

関連:【動画】鈴木宗男「民主党政権の蓮舫大臣は尖閣は領土問題と言った」茂木外務大臣「尖閣に領土問題は存在しない」
関連:【動画】蓮舫が国会質疑中に無駄話でゲラゲラ笑い続ける醜態 森ゆうこは新型コロナのお悔みに親指立て「グッド!」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で