【人間は生い立ちや環境】小川淳也議員が一転して発言を謝罪→結局「私は庶民、対立候補は強大な基盤、既得権益、巨大な権力」と平井卓也大臣の生い立ちを批判


 菅義偉総理大臣の経歴について「どういう人間かは生い立ちや環境に規定される」とテレビ番組で語り、国会で生い立ちについて追及する考えを示していた立憲民主党の小川淳也衆院議員が17日、差別発言との指摘を受けツイッターで謝罪を行った。小川氏は指摘を受けた当初は「真意が伝わっていない」と差別発言であることを認めていなかった。


やっぱり生い立ちで規定している

 動画内で小川氏が言及した「相手候補」とは同じ香川1区の平井卓也大臣のことである。平井氏は祖父から続く国会議員の家系であるが、これを「既得権益」などと批判して自分を「庶民」と表現しているのだ。そういう表現の全てが悪とは言わないが、生い立ちでの差別を指摘された謝罪動画で、また生い立ちを語るのは問題の本質が理解できていない証左だろう。

 立憲民主党では石垣のりこ参院議員や非公式キャラクターの立憲民主くんが難病を揶揄する投稿を行い、党としても人権意識に疑問符が付いている状態。そこにきて小川氏の発言は問題の深刻さを表す結果となった。以前には蓮舫副代表が国会で「高卒」を見下す発言をして批判を浴びているが、党として全く改善が見られず、差別が常態化しているのだろう。

関連:立憲・小川淳也が差別発言「どういう人間かは生い立ちや環境に規定される」菅新総裁の家庭環境を国会で追及する考え
関連:立憲民主党・石垣のりこ議員の激甘処分が決定「口頭厳重注意処分」←つまり処分はしないということですよね?

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

またウソがバレる蓮舫「たった3日、会期の短さに反対」→公明党議員「会期については各会派合意していた。ところが前日に突然、反対を表明」

質問する権利を主張する新聞社やテレビ局がフリーの取材をすべて断っているという現実【マガジン54号】

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP