柿沢未途議員がジャパンライフからの献金を釈明「公職選挙法に違反する恐れがある、返金できない」では、議員辞職を


 悪質なマルチ商法を展開し破綻した「ジャパンライフ」の元会長らが詐欺容疑で逮捕された。報道を受け、同社から多額の献金を受けていた柿沢未途衆院議員(無所属)は18日にツイッターを更新し、献金について「適正かつ適法に処理された」と説明し、返金や被害者団体への寄付については、解散した政党支部が受けた献金を政治家個人として寄付することが公職選挙法に違反するとの選挙管理委員会の見解を理由に否定した。


逮捕されるまで説明責任から逃げてきた

 柿沢氏は献金問題を2019年6月に報じられた際は返金を検討していると産経新聞の取材に答えている。
参考:柿沢議員側に1940万円 ジャパンライフが献金 – 産経ニュース

 桜を見る会の一連の騒動で、2019年12月に再度ジャンライフ社が注目された際には、当サイトから返金の状況や意思について質問状を送ったが無回答であった。完全に取材拒否。
参考:取材拒否!柿沢未途議員 ジャパンライフからの献金1940万円についての質問をすべて無視、野党も追及せず放置

 違法な収益から受け取った政治献金を、法律上の問題で返金できないのならば議員辞職しかないだろう。解散総選挙も迫ったこの時期の辞職ならさほど痛手を負うこともないだろうが、どこかでケジメをつけておくべきだ。

関連:スクープ動画!マスコミ関与のジャパンライフ資料を共産党が隠蔽か「微妙なもので配布できない」→別の野党議員が配布→現在、見てない演技中
関連:【動画】立民・福山幹事長 ジャパンライフのお中元について「うーん・・・あのう・・・私は・・」とっても不安そう

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

辻元清美「菅総理とは互いに意識してきた、国会で同じ道のりを歩いてきた」←菅さんも秘書給与詐欺で逮捕されたひとと同じにされたくないでしょう

元政治部長がジャパンライフから顧問料→朝日新聞「肩書が悪用され誠に遺憾、社外から得た報酬は本人の責任」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP