立憲・塩村あやか、官僚の人権を無視「質問主意書や野党合同ヒアリングは官僚に負担と主張する議員や元官僚がいる」


 立憲民主党の塩村あやか参院議員は20日、国会議員から大量に提出される質問主意書や野党合同ヒアリングでの”宿題”や恫喝が官僚の負担になっているという声に対して「国会議員から出た質問主意書は41本のみ、合同ヒアリングは施策改善に繋がっている」とツイッターに投稿した。
 実際に国会会期中の3日間に提出された質問主意書は衆参合わせて75本で、官僚はその対応に追われながら野党の呼び出しを受け合同ヒアリングで連日罵倒され続けている。


官僚には人権が無いと思っている

 塩村氏の投稿は、官僚の長時間残業など過重な労働環境を軽視するものだ。自分たちは官僚の業務について一切の考慮もせず「公務員を増やす事、省内プロセス見直し」と責任を転嫁するのは乱暴だ。

 挙句の果てには行政監視する議員数が少ないから小選挙区制を見直せと宣う救いようのない傲慢さ。

 国会議員が足らないというなら、小沢一郎や中村喜四郎のように国会活動を一切しない連中を働かせるのが先だ。自分たちは仕事をしない重鎮を合流新党に参加させておいて、官僚の業務に口出しして「省内プロセス」もクソもあったものではない。

 こういう傲慢で官僚を人とも思っていない人間を当選させた東京選挙区の有権者は、次の選挙では良く考えて投票先を決めるべきだ。

関連:個人情報流出!立憲・塩村あやか議員の署名活動「私がやれば安心だが、今回は秘書がやった」名簿が選挙に利用されるとの指摘も
関連:立憲・塩村あやか議員、加藤茶さんを中傷した過去の投稿を削除せず放置 年の差結婚「人間じゃない」「気持ち悪い」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

AERA「加藤勝信、岸信夫の入閣は菅さんから安倍洋子ママへの恩返し」匿名政界関係者の下品な憶測を掲載

【夢見る夢子ちゃん】小沢一郎「この1年以内に必ず政権をとる」支持率4%がうたかたの夢を語る

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP