菅直人さん「自民党女性候補が20%を超えない場合、自民党へ投票しない運動を起こすべきだ」←長島昭久さんを落として自分が当選したいだけ


 立憲民主党の菅直人衆院議員は26日、自身のツイッターで「次回総選挙で自民党女性候補者比率が20%を超えない場合、女性を中心に自民党へ投票しない運動を起こすべきだと」と主張して有権者に意見を求めた。


自民党の女性議員も落選する愚策

 これが総理大臣であった時期があったと思うと恐ろしい。
 女性候補比率の低さを批判すのであれば、単純に女性候補者を応援する運動を起こせばいいだけで、それを自民党全体への落選運動にしてしまうと数少ない自民党の女性議員まで落選してしまう。

 これを「自民党へ投票しない運動」とすることによって、自分の選挙区に鞍替えしてきた自民党の長島昭久議員を不利にしようという卑怯な考えが透けて見える。菅直人という男は、他党の女性議員までも落選運動の対象として自分の議席を守ろうとしているのだ。

 候補者に女性が何割であろうと選ぶのは有権者であって、性別だけをもって議員資格の要件にするのは民主主義の否定でもある。女性の国政進出を応援するふりをして自分が助かろうなど浅ましい考えだ。

 そんな運動を画策するよりも、立憲民主党の女性議員が揃いも揃って失言と問題行動を繰り返して女性議員の評価を落としていることを何とかするべきだ。

関連:【動画 尖閣衝突事件10年目の真実】前原元外相「菅直人総理が船長を釈放しろと」→福山哲郎元官房副長官「司法手続きは完結した」意味不明な言い訳に終始する
関連:カミツキ蓮舫「黒川の賭け麻雀は懲戒免職だ!」→菅直人元首相の賭け麻雀疑惑が再燃する特大ブーメラン直撃

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

取材レポート 立憲民主党新人の活動に見る離合集散政党の脆弱性【マガジン55号】

共産党予定候補「銃剣道は人を殺すための訓練。憲法に反する」「(菅総理)この三白眼のどこがかわいい?怖い怖い」ニュースター誕生の予感

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP