【リコールの会】高須院長「卑劣な印象操作です」会見動画に事実に反するテロップを入れ拡散するアカウントに不快感


 愛知県の大村秀章知事のリコールを求め、住民投票の署名活動を行う「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」の会見動画に、事実に反するテロップを入れて拡散するアカウントに対して、同会の会長を務める高須クリニックの高須克弥院長が不快感を露にしている。


テロップは事実に反するが音量の調整は?

 問題の動画は高須院長の指摘を受け削除されたようだが、25日に開かれたリコールの会の会見で、共同通信の記者から会の事務局に設置された盗聴器についての質問があった部分に「誰?誰?し~~~ん」というテロップを入れ、あたかも会側が盗聴器を設置された被害について答えなかったかのように印象操作されている。

 実際は司会を務めた事務局長が回答していたが、マイクを使わずに発言したためボリュームを下げた状態で聞き取れなかっただけであった。問題の印象操作された動画では事務局長の声がほとんど聞き取れない状態であったが、これが意図的に音量を絞ったものかは不明だ。※記事の最後で再検証解説

 問題の動画はTHE PAGE(ザ・ページ)がYouTubeに公開している会見動画から著作権法に違反して切り取られた可能性が高い。テロップ無しの元となった動画を確認すると質問に対して高須院長に指名された男性が簡潔に答えている様子が確認できる。(1時間29分あたり)

 本人は加工を否定したうえで、誹謗中傷が寄せられたことを理由にアカウントの削除を予告している。だが、登壇者が譲り合って答えなかったかのようなテロップの「誰?誰?」という部分は明らかに事実に反しており、高須院長が躊躇することなく事務局長を指名して男性も間を置くことなく「あります。後でお見せします」と答えている。
 これは高須院長が回答を拒否したわけではなく、これ以外の質問でも事務局が担当している部分は事務局長が答えている。また、無回答であるかのように「し~~~ん」とテロップを入れているのも悪意を感じるもので、次の百田尚樹氏の発言までの流れと時間からして無回答でないことは元動画を見れば容易に判断できる。

 投稿した人物はアカウントを消す前に事実に反するテロップがあったことくらいは認めればいいのですが、誹謗中傷の被害者として幕引きを図るのは如何なものかと思う。
追記:10/2 動画投稿者が高須院長に謝罪

再検証:音量をカットしているという比較検証がネットにアップされていますが、見る限り双方動画の閾値が異なるようです。音量の小さいテロップ動画のマイクオフ部分は当然ながら波形は平坦になります。問題のテロップ動画でも質問音声を高レベルにすると事務局長の回答は聞こえますので音声カットはされていません。検証動画では質問音声部分の波形をマッチさせる作業をしていないようなので参考にはなりません。この作業は音量レベル波形だけでなく動画のコピー方法や編集痕跡まで調査するので素人には不可能です。
追加検証:指摘している人の多くがマイクが声を拾えたライブ配信版の動画を使用しているようですが、配信後に公開されたノーカット版では事務局長の声はほとんど聞き取れません。問題のテロップ動画の作成者は元から事務局長の声の聞こえないノーカット版を使っているようだ。これを誤認した人が「音声をカットした」と指摘しているようですがカットはされていません。テロップは捏造と指弾されて仕方ない悪意を感じますが、勘違いで「音声カット」と指摘した人も間違いを認めるべきでしょう。

関連:高須院長「大村知事リコールの会の事務局に盗聴器が仕掛けられているのを発見!これは犯罪ではないか」
関連:高須院長がリコール署名妨害の町山智浩、香山リカ、津田大介を刑事告発!愛知県警が受理

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

枝野代表「大阪都構想だなんてものは存在しません」記者の質問を拒否→その一方でアイドルグループの改名は熱く語る

共産党が「市民」に刑事告発され県警が受理!地区委員会会計責任者の政治資金規正法違反

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP