西村大臣の「神のみぞ知る」発言に枝野代表「許しがたい」→国民・榛葉幹事長「大臣も頑張っている。言葉の揚げ足を取るつもりはない」人間性の違いを見せつける


 西村康稔経済再生相が19日、新型コロナウイルスの今後の感染者数の動向について「感染がどうなるかっていうのは、本当に”神のみぞ知る”」と発言したことについて、立憲民主党の枝野代表や蓮舫代表代行から批判の声が上がっている。

 この件について共同通信の記者から会見で問われた国民民主党の榛葉賀津也幹事長は「西村大臣も頑張っている。先が見えないという事だと思う、世界的に」「言葉の揚げ足を取るつもりはない」と西村大臣に理解を示した。

新・国民民主党、批判ばかりの立憲との違い

 西村大臣の発言を巡っては、立憲民主党の枝野幸男代表や蓮舫代表代行が厳しく非難している。


 世界的に蔓延した新型コロナウイルスの感染動向を「神のみぞ知る」とした西村大臣の発言は、むしろ謙虚さを表すものだ。こういった大臣発言の揚げ足を取っては政権批判を繰り返すのが野党の悪い習慣であるが、新しい国民民主党は提案型の政党として立憲との違いを見せつつある。

 榛葉幹事長は以前から政権批判ばかりの蓮舫氏とそりが合わず、昨年の参議院選挙では2人区で唯一、立憲民主党から刺客を立てられている。傲慢な立憲民主党幹部らの影響が及ばなくなった、新しい国民民主党での榛葉幹事長の発言は今後も注目されそうだ。

関連:新・国民民主党が野党合同ヒアリングを連続欠席「集団でつるし上げても意味がなく、真相が分かるとも思えない」
関連:立憲民主党「国際男性デー。男なら弱音を吐くな、はもうやめよう」→蓮舫「男が泣くな!」「本当につまらない男!」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

安倍前総理がコメント「植村記者と朝日新聞の捏造が事実として確定したということですね」とってもうれしそう

共産党予定候補が尾身会長のコロナ対策を揶揄「学問をないがしろにするとこうなる」→無事炎上中

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP