日本テレビに厳重注意!プレー中の渋野日向子選手に「タラタラしてんじゃねーよ」を手渡して撮影→注意後もまたやる

マスコミ・報道

 日本テレビのカメラマンが女子プロゴルフの中継中に、お菓子の袋を選手に手渡していたことが発覚しJLPGA(一般社団法人日本女子プロゴルフ協会)から厳重注意を受けた。
 中日スポーツによると、お菓子を手渡されたのは渋野日向子選手。全英オープン優勝時に同選手が食べて話題となった「タラタラしてんじゃねーよ」を複数回渡したカメラマンは厳重注意を受け渋野選手にも謝罪した。騒動となったことがショックだったようで渋野選手はホールアウト後に泣いていたという。

しぶこ「お菓子騒動」に涙…渡した日テレカメラマンは厳重注意「選手に接触、問題にされかねない行為」:中日スポーツ・東京中日スポーツ
 同局は同カメラマンを注意するとともに、渋野にも謝罪を行っていたというが、「プレー中の選手に接触することは、ルール上の問題にされかねない行為。恒常的にこのようなことが行われていたとは知らなかったが、再発のないよう徹底したい」(椿亮輔プロデューサー)と語った。
 渋野は「お菓子騒動」のニュースがネットなどで取り上げられたことにショックを受けて涙を流したもようだ。

注意を受けてもまたやる

 おそらく渋野選手が「タラタラしてんじゃねーよ」を持ち歩く姿を撮影するための、半ばヤラセとして手渡していたのだろう。質が悪いことにこのカメラマンは前週の他の大会でも同様の行為をしていたようで、今大会では27日に問題が発覚し28日のラウンド前に現場レベルで注意を受けたが再度お菓子を手渡している。
参考:リコー杯プレー中の選手にお菓子 日テレに厳重注意 – 国内女子ゴルフ : 日刊スポーツ

 厳重注意を受け謝罪した日本テレビは、ゴルフのルール上は問題なかったと説明しているが、外部から助言や介助を受けたと解釈された場合は重大な違反となる。また、取材カメラマンとしても撮影対象に意図的に変化を加えながらそれを伝えない"ヤラセ行為"であり、常識的に考えてありえない行為だ。

関連:NHKがヤラセを認める!レンタル家族のドキュメント「妻を病で亡くした依頼者」もレンタル ワイドナショーでも紹介された会社
関連:またTBSでヤラセ発覚「クレイジージャーニー」事前に準備した爬虫類を放ち捕獲する仕込み繰り返す→番組休止へ


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で