朝日新聞「(村上春樹が仏紙で)日本の首相、批判に批判投げ返す」→フランス人記者が抗議「村上さんはこういう風に言ってない、インタビューした記者として怒りを感じる」

政治・社会

 朝日新聞デジタルが22日に掲載した記事「村上春樹氏「日本の首相、批判に批判投げ返す」 仏紙に」に関して、実際に村上春樹氏にインタビューをして仏紙に記事を書いた本人が「村上さんはこういう風に言ってない」「インタビューした記者として怒りを感じる」と抗議している。


朝日が言うところの「こたつ記事」

 インタビューをして仏紙に記事を寄稿したカリン西村氏によると、朝日新聞が記事の見出しに使った部分は1万字に及ぶリベラシオン誌の内容の1%以下で、元記事を反映したものではないそうだ。

 要するに朝日新聞は、フランス語など誰もわからないだろうと、村上春樹氏が延々と仏紙に菅政権への批判をぶちまけたという印象操作をしていたのだ。まさかご本人が登場するとは思わなかったのだろうが、その本人が怒りを感じてタイトルの訂正を求めているのだから応じるべきだ。

 これでは朝日新聞が数日前にスポーツ紙を批判した「こたつ記事」と同じではないか。
参考:やめられぬ「こたつ記事」 スポーツ紙が陥ったジレンマ:朝日新聞デジタル

 まあ、このインターネット社会で様々な情報に直接アクセスできる現状、昔のように何でも足を運んで聞いてくる必要も無いと思うが、せめて間違いを指摘されたら訂正くらいはしましょうね。

続報:朝日新聞が村上春樹に関する記事タイトルをこっそり訂正、元記事執筆者からの猛抗議にも説明なし

関連:朝日新聞が女子挺身隊の合成写真で謝罪「コメントを取り消した上でお詫びいたします」→取り消してませんでした
関連:朝日新聞、170億の大赤字で創業以来の大ピンチ!新聞社としては再起不能か?


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で