朝日新聞が品川駅前の混雑を演出する写真掲載?過去には望遠圧縮で商店街にクレームが殺到した例も

 朝日新聞デジタルが緊急事態宣言発令後の品川駅前として、8日に掲載した混雑写真が望遠レンズの圧縮効果を利用した演出ではないかという指摘が相次いでいる。指摘に対してカメラマンは「望遠レンズで撮影するのは、通行される方の邪魔にならないように背後が柱の場所まで下がり、離れて撮影するため」と釈明したが、望遠レンズの必要性はないとの声が殺到し炎上している。


圧縮効果を意図したのではないか?

 ツイッターでの指摘を見る限りでは、混雑を避けて望遠レンズを使用したという説明には無理があり、圧縮効果での混雑演出の意図が疑われても仕方がない状況だ。

地元商店街にクレームが殺到したことも

 朝日新聞の混雑写真とは別の事例だが、こういった圧縮効果を使った写真の影響で、地元商店街にクレームが殺到した事例があるという。


 マスコミはこういうことを想定もせず、ひたすらパニックを煽ることで部数を増やそうとしているのだ。遠くの被写体を撮影するための望遠レンズで手前の通行人を画角に入れて撮影すれば、事実とは異なる距離感となることはカメラマンなら理解しているはずだ。芸術としての写真なら有効な手段であるが、報道写真でこれはありえない。

関連:【すごい言い訳】常磐線全線再開で帰還困難区域の看板を撮影した朝日新聞カメラマン→「ピントは電車に合わせた」
関連:朝日新聞の捏造は戦時中から?女子挺身隊の写真、加工を指摘される「かなり大きな規模でコピペを繰り返してますね」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で