蓮舫さん、朝日新聞のガセネタで総理を攻撃「(総理が)国民皆保険の見直し」→実際の発言は「皆保険、続けていく」

政治・社会

蓮舫が政治家になった理由「芸能界で生き残るのはリスク、取って代わるタレントは掃いて捨てるほどいる。でも参議院は6年の有期契約」

 立憲民主党の蓮舫代表代行は14日、緊急事態宣言の地域拡大を受けて13日に行われた記者会見で菅総理が、国民皆保険の見直しに言及したとしてツイッターで批判した。


医療法の改正に言及しただけ

 この菅総理の発言は多くの政治家が誤解をして批判をしていたが、実際には会見で「皆保険見直し」という発言はしておらず、総理は「国民皆保険、そして多くの皆さんが診察を受けられる今の仕組みを続けて行く中で」と皆保険の継続をベースにした発言をしている。
 ハフポストなども誤解であるとの指摘を行ったことで共産党小池晃書記局長などは関連するツイートを削除している。ハフポストの書き起こしを確認すると、菅総理が病院などの開設、管理、整備の方法などを定める医療法の改正に言及した部分を国民皆保険の部分に結び付けたもので、このやり口には朝日新聞の悪意すら感じるものだ。

「菅義偉首相が国民皆保険の見直しに言及」とSNSで話題に ⇒ 実際には何と言った? | ハフポスト
菅首相:コロナ感染者の医療について、政府として対応している医療機関に対してしっかり支援をさせていただいたりですね。あるいは保健所への人員の派遣。そうした態勢をつくったり、クラスターが発生すると政府のチームがそこに行って対応するなど、そうしたことを政府は行ってきました。医療機関でありますけど、日本には今の法律がある中で、逼迫状況にならないように、ベッドは数多くありますから、それぞれの民間病院に一定程度出してほしいとか働き掛けをずっと行ってきたのも事実であります。感染症法については先ほど申し上げましたように、(必要であれば)法律改正を行うわけですから、医療法についても今のままでいいのかどうか。国民皆保険、そして多くの皆さんが診察を受けられる今の仕組みを続けて行く中で、今回のコロナがあって、そうしたことも含めて、もう一度検証していく必要はあると思っています。それによって必要であれば、改正するのは当然のことだと思います。

 朝日新聞も記事の中で「発言の真意は不明だが、国民皆保険を見直す考えを示したとも受け取れる発言だった」と逃げを打っている。

 こういうガセネタに飛びつくのが蓮舫さんの軽率なところであり、それを指摘されても絶対に謝らないという姿勢は国会議員として恥ずべきものだ。

関連:蓮舫さん「日本学術会議よりもGOTOよりも優先すべき感染症対策を後回しにしすぎました」←自己批判かと思ったら政権批判でした
関連:立憲民主党「国際男性デー。男なら弱音を吐くな、はもうやめよう」→蓮舫「男が泣くな!」「本当につまらない男!」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で