本音が出た?立憲民主議員「本来退場すべき企業がコロナ支援で生きながらえてゾンビ企業になっている」

 立憲民主党の松平浩一衆院議員は21日、2020年の倒産件数がコロナ禍でも30年ぶりに8000件割れしたという記事を引用し「これは。。本来退場すべき企業がコロナ支援で生きながらえてゾンビ企業になっている、という見方もできるのか??」とツイッターに投稿した。


議員は雇用維持をお願いする立場

 これが立憲民主党の本音なのでしょうか?

 確かに補助金による「焼け太り」と揶揄される事業者は存在するのだろう。しかし、記事中にもあるように新型コロナウイルス感染関連倒産は792件となっている。また、宿泊業や飲食業は致命的なダメージを負うこととなり倒産件数は増えている。

 松平議員の指摘するように、コロナ禍でなければ逆に倒産していた企業もあっただろうが、とにかく経済を回すために雇用を維持することが最優先だ。思ったとしても、これを「コロナ支援で生きながらえてゾンビ企業になっている」と表現するなどありえない。

 あらゆる補助・支援策を利用して事業を継続し雇用維持をお願いする立場の国会議員が、こういった床屋政談レベルの話で申請を渋らせたとしたら罪は重い。

続報:立憲・松平議員「コロナ支援でゾンビ企業」投稿を釈明→「真意が伝わっていない」とアンケートを始める

関連:発覚!立憲民主党区議が身分を偽ってフジテレビのインタビューに答える 政府の外出自粛要請を批判か?
関連:立憲民主党市議「郵便投票の導入を望みます。実現すれば選挙結果にも大きく影響するでしょう」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で