東京新聞・望月記者、菅総理長男の接待疑惑に「知らないでは済まされない」→実弟の”詐欺まがい”問題には「弟とは連絡とってない」

マスコミ・報道

 菅総理の長男が総務省の官僚に違法な接待をしていた疑惑について東京新聞の望月衣塑子記者はツイッターで「知らないでは済まされない」と総理自身の説明責任について言及した。


自身の弟の問題には「連絡とってない」

 本来は成人した家族の責任を政治家が撮る必要なないのだが、望月記者としては菅総理にも責任があるという考えのようだ。

 一方で、この望月記者の実弟が昨年、詐欺まがいとも批判されるオンラインサロンが週刊誌に報じられた際には「弟とはほとんど連絡をとっていません。ツイッターの炎上は人から聞いて知っていますが、オンラインサロンについての詳しいことは分からないので、コメントは控えさせてください」と自身には関係のないこととして何も対応を行っていない。
参考:東京新聞「望月衣塑子」記者の弟が “詐欺まがい” オンラインサロン会員から悲鳴 | デイリー新潮

 こういうダブスタを平気でやらかし、政治家にはどんな攻撃を加えてもよいという考え方は記者ではなく活動家気質だ。信者が自分を絶賛しているうちは反省も謝罪もしないという姿勢は、弟のオンラインサロンと構図は同じ。

関連:東京新聞・望月衣塑子記者「文春によると・・・」→自分の疑惑に対して「新潮と文春の取材は会社に聞いて」と拒否してたのに平気で文春を引用
関連:これは酷い!ドラマ版「新聞記者」自殺した赤木さんと妻の物語に内容を変更→赤木雅子さんが反対しても制作強行、原案の望月衣塑子「内容は知らない」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で