立憲・川内博史「国会の質疑はワイドショーやサスペンスより興味深い」そんな感覚で質問してんだろうな

政治・社会

 立憲民主党の川内博史衆院議員は3日、国会中継を告知する投稿をツイッターで引用し「国会の質疑はワイドショーやサスペンスより興味深い面があります」と投稿した。川内氏は新型コロナ対策そっちのけでワイドショーやサスペンス感覚で追及国会をやっているということか?


コロナに警戒心ゼロの川内さん

 新型コロナウイルス感染拡大で疲弊する国民は、国会をワイドショーやサスペンス感覚で眺めるほど暇ではない。こういう言葉がサラッと出てくるあたりが立憲民主党の締まりのなさを露呈している。

 この川内氏は、感染拡大防止は差別だと意味不明なことを投稿してみたり、移動の自粛が呼び掛けられる中で鹿児島の地方選挙に応援に行ったり、マスクなしの政治資金パーティーに参加するなど基本的にコロナへの警戒感が薄い。
参考:立憲・川内博史「総理の感染拡大防止という方針が偏見と差別を生みだした。辞職を」ちょっと何言ってるか分からない
参考:立憲ブーメラン!蓮舫が麻生派パーティーを批判→翌週、川内博史が政治資金パーティーに出席してしまう
参考:コロナ対策より市議選を優先した立憲・川内博史「政府専門家会議のメンバーを交代させろ」→1か月前「接触しなければ生きていけない、緊急事態宣言など論外」

 昨年も新型コロナの感染拡大が警戒される中で、桜を見る会やモリカケを追及していたのは「ワイドショーやサスペンス」の感覚であったことを自白したようなものである。

 そりゃ蓮舫さんの長男にも怒られますわ。

関連:蓮舫の長男・村田琳「コロナ禍なのに国会で揚げ足取り大会。自分や党が優先なら国会議員を辞めるべき」
関連:また森友国会?立憲・川内博史「新型コロナで国民からの信頼が揺らいでいる。森友問題を解決していくことで信頼回復につながる」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で