立憲・川内博史「総理の感染拡大防止という方針が偏見と差別を生みだした。辞職を」ちょっと何言ってるか分からない


 立憲民主党の川内博史衆院議員は1日、新型コロナウイルス対策として一斉休校を要請した安倍総理の方針について「”感染拡大の防止”という方針が”感染することは悪いこと”につながり、偏見と差別·排除を生み出した」とツイッターに投稿し辞職を求めた。


川内氏はコロナ対策不要論者か?

 川内議員は新型コロナ対策について軽視しているどころか、不要論ともとれる言説を繰り返している。

 3月には「ウィルスを敵と呼び、闘うという言い方に疑問」とツイッターに投稿し、人とは接触しなければ生きていけないという持論を展開している。

 4月9日に緊急事態宣言が発出され、16日には全国に拡大されたのも関わらず、県をまたいでの移動自粛要請を無視して鹿児島入りして市議選の応援に入っている。

 5月に入っても国会でコロナ対策の質問を適当に切り上げ、コロナ対策で揺らいだ国民からの信頼を森友問題で回復するべきとの主張を展開。

 7月22日には親交のある無所属予定候補の政治資金パーティーに出席している。16日に麻生派のパーティーが開催された際には、同党の蓮舫副代表が猛烈に批判していたが、自分たちだけは許されると思ってるようだ。

参考:立憲ブーメラン!蓮舫が麻生派パーティーを批判→翌週、川内博史が政治資金パーティーに出席してしまう

 立憲民主党をはじめ野党は新型コロナ対策のために国会を召集するよう求めているが、川内議員のように”コロナ対策不要論者”とも思える発言を繰り返す議員とよく話し合ったほうがいいのではないか。

関連:立憲・川内博史「GoToトラベルの資料、提言等が提言党になっている。慌てて作ったのだろう。今日も感染は拡大している」→誤字を理由に中止を訴える
関連:立憲・川内博史「障害者は障碍者とすべき。「害」は敗戦直後に優生思想に基づき政府が無理矢理あてた」←これ本当?

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

沖縄の感染拡大に東京新聞・望月記者「GoToトラベルの結果がこれ」→沖縄県「GoToトラベル前に来た人でクラスターを形成」

マスコミが報じない真実!「お菓子の過剰包装を無くして」署名を集めた高校生、ブルボンに声明で論破されていた

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP