批判は中国人による日本人成りすましか?声優の茅野愛衣、靖国参拝を謝罪「認識不足により皆様にご迷惑をお掛けした」

エンタメ

 人気声優の茅野愛衣さんが17日、youtubeチャンネルで公開していた一部のラジオ番組を削除しファンに謝罪した。茅野さんは11日のラジオン番組で靖国に参拝したことを報告し「まだ時間までもうちょっとあるので、のんびりしています。鳥居をくぐって、ここホントに気持ちがいい場所ですよねえ」と述べていた。


中国人が日本人に成りすまして批判か?

 ラジオ番組を聞いた中国のファンが激怒したことで騒動に発展したようだが、茅野さんが謝罪に追い込まれたのは日本人を名乗るファンからも批判が殺到し、収拾が付かなくなったことが原因と思われる。

 しかし、日本で閣僚以外の人物が靖国に参拝して炎上するようなことは考えられない。この騒動を伝えたレコードチャイナは日本語の不自然さを指摘して「本当に日本人によるコメントかは疑わしい」としている。

日本の人気声優が靖国神社で「気持ちいい」、中国のファン激怒! 中国では「日本人からも批判」と報道も…
(前略)
同記事はまた、「日本のネットユーザーも見過ごすことはできなかったようで、茅野愛衣は好きだが靖国神社参拝は確かに問題だと述べている」とし、ツイッターに投稿された「茅野愛衣の靖国神社参拝したことはとっても残念です」「靖国神社には戦犯が合祀(ごうし)されていて、厳しい問題です。今回のことはすでに中国のSNSで炎上されていて、茅野さんの関連作品と今後の仕事に悪い影響を与えると思います。茅野さんとスタッフたちに早く最善の対応をお願いします」「ある問題神社の軽率な行動について、あなたの事務所や同僚、多くの作品に多大な迷惑をかけていると考えられますか?早く謝りましょう」(原文ママ)などのコメントを紹介しているが、いずれも日本語が不自然なため、本当に日本人によるコメントかは疑わしい。

 レコードチャイナが指摘するように、寄せられたコメントは文法的に外国語から日本語に翻訳された際に見られる不自然な文章となっている。おそらく中国人が日本人に成りすまして謝罪に追い込もうとしたのだろう。

 事務所としても成りすましの可能性を認識しながらも、中国でのアニメ市場拡大を無視することはできなかったのかもしれない。

関連:閣僚の靖国参拝にマスコミ「中韓からの反発が予想される」→高市総務相「国民が判断すること」衛藤担当相「そういう質問のほうが異常だ」
関連:NHKこっそり「靖国で段ボール燃える」にタイトル変更、映像も差し替え 発生当初は「新聞紙」と矮小化

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で