共産党県議、拉致問題を書いた教科書に「おぞましい」「子どもたちに拉致問題を解決することできないのに」「それが何か?」



 日本共産党の大山奈々子県議(神奈川)が、拉致問題について記述された教科書の採択を巡りツイッターに「おぞましい」「子どもたちに拉致問題を解決することできないのに」「それが何か?」と投稿していることがわかった。 同県議は県庁舎に拉致問題啓発の横断幕が掲げられていることやブルーリボンバッジの着用も疑問視している。


過去にも数々の暴言を連発

 同県議は朝鮮学校への補助凍結を巡って知事にも反感を持っているようだ。知事がブルーリボンバッジを着けていることも気に入らないらしく、繰り返し拉致被害者家族の気持ちを軽視するような投稿を行っている。


 これが日本共産党の本質であり、朝鮮学校への補助金を出させるために拉致被害者家族を愚弄するような投稿を平気で行っているのだ。

関連:川崎市ヘイト禁止条例で拉致問題ポスターが撤去された?→横田夫妻支援団体と市担当者「台風の影響で張替え作業中」
関連:最悪!立憲・菊田真紀子が拉致問題の質問を取りやめた理由→「国会中継される際は特に旬な問題を取り上げる瞬発力が求められる」森会長の発言問題に変更


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で