共産党・池内沙織さん、電車入り口で降車客と衝突「女性差別だ!痛い。謝るべきだ」→降車優先との指摘で発言修正か?



 日本共産党の池内沙織・前衆院議員が26日、電車に乗ろうとした際に大柄の男性が故意に激突してきたことをツイッターで明かし「女性差別だ」と憤っている。池内氏は男性を追いかけ「痛い。謝るべきだ」と迫ったという。


発言を修正「乗ろうとしてない」

 この池内氏の投稿に対しては「降車が優先」「女性差別ではない」という意見が多く寄せられている。これに対して池内氏は、降車を待たずに乗ろうとしたわけではなく「ホームドアの横で、邪魔にならない位置に立って待っていたところ降りてきた男性からぶつかられた」と、ライターの小川たまか氏の取材に答えている。
参考:小川たまかさんのページ – Yahoo!ニュース

 だが、池内氏は最初の投稿で「私から見て右側から出ようとする乗客を目視し、私は左寄りのスペースから乗ろうとした。」と投稿している。この文章からは、池内氏が止まって待っていたと理解するのは困難で、目視で右の降車客を確認して左寄りから乗車しようとしたとしか読み取れない。もし書き方が問題で誤解が生じたのなら訂正すればいいのだが、池内氏のツイートをそのまま転載しただけの日刊スポーツを批判している意味が分からない。

 ホームでのマナーとしては、乗車客は立ち止まって待つことが呼び掛けられているという指摘の一方で、池内氏の投稿からして男性側もぶつかっても立ち止まらなかったことは問題だ。ぶつかった以上は互いを気遣うべきで、百歩譲って自分に非が無いという強い意志があっても、故意でなければ咄嗟に言葉が出るはずで、そのまま立ち去る行動は考えられない。

 駅構内では女性を狙って故意にぶつかる男性が問題となっていたが、男性同士の通行トラブルも日常茶飯事であり一方が死亡する事件も起こっている。これを「女性差別だ」と断定してしまうのもいかがなものかと。また、自身の発言修正後に、初報のメディアを批判する姿勢はまったく受け入れられない。

関連:共産党のダブスタ!ホリエモン新党のポスターをセクハラとして糾弾した池内沙織さん、下着広告の動画をシェアし「いいなぁ。さすがスウェーデン」
関連:共産党・池内さおりが改元に不快感「勝手に区切らないで」←韓国の光復節にはノリノリで参加してたよね?


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で