【動画】加藤官房長官「進撃の巨人」完結と「ウルトラマン」についての見解を表明

政治・社会



 人気漫画「進撃の巨人」の最終話が掲載され完結したことについて、加藤勝信官房長官は9日の記者会見で「最終話を迎えたことは承知している。いま33巻まで読んでいる」などと述べ、進撃の巨人に限らず政府として知財保護などに努めていく考えを示した。

ウルトラマンについても語る

 進撃の巨人完結に関する質問に続き、4月9日が「ウルトラマン」の最終話が放送された日であることについて聞かれた加藤官房長官は「子どものとき、テレビにかじりついてみた。友達とウルトラマンごっこをやった」「子どもたちの夢を育む要因だった」と述べた。

関連:【動画】加藤官房長官「鬼滅の刃はテレビで見た、進撃の巨人は全巻通して読んだ」コロナ禍での映画大ヒットに注目
関連:悲報!宮崎駿さんキメハラを受ける!→記者「鬼滅の刃観ました?」ハヤオ「テレビも観ないし、映画も観てない。ゴミ拾いをやっている引退じじいです」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で