安倍前総理「朝日新聞の捏造体質は変わらないようだ」「経営も厳しい状況にあるという説もある」

政治・社会



 安倍晋三前総理は22日、東京都内で行われた講演で、朝日新聞について「なかなか、捏造体質は変わらないようだ」と批判し、経営状態について「なかなか今厳しい状況にあるという説もある」と述べた。


保守の団結についても指摘

 講演は保守系議員でつくる『保守団結の会』の会合で行われたものと思われる。長尾敬衆院議員によると、会合の冒頭で安倍前総理は「保守団結の会、いや保守はほんとに団結しませんからね。みんな何か勘違いして、自分の主張ばっかり言い続けてる。皆さんは団結してください」とも述べたという。


 朝日新聞に対する指摘も正論であるが、保守の体質に関しても的を射ている。離合集散を繰り返す野党勢力ほどではないが、保守は些細な見解の違いで人間関係が崩壊し大同小異すら"ダブルスタンダード"と切り捨てる傾向にある。

 国益に関わる重要課題ですら日本では大手マスコミが率先して足を引っ張りにかかる。それに乗っかる野党勢力の論調に対抗するためにも、保守勢力の団結は不可欠だろう。

関連:蓮舫さん、朝日新聞のガセネタで総理を攻撃「(総理が)国民皆保険の見直し」→実際の発言は「皆保険、続けていく」
関連:朝日新聞の捏造は戦時中から?女子挺身隊の写真、加工を指摘される「かなり大きな規模でコピペを繰り返してますね」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で