在日中国大使館が米国を「死神」で揶揄する画像投稿、批判受け削除

政治・社会



 在日中国大使館のツイッターアカウントが29日、星条旗をまとった死神のイラストに「米国が『民主』を持って来たら、こうなります。」とコメントを付けて投稿。翌日には閲覧できなくなっていたが、批判を受け自ら削除したものと思われる。


米国大使館「極めて不快なツイート」

 削除が確認された30日には、在日米国大使館の公式アカウントが「あの極めて不快なツイートに対して声を上げてくださった日本の皆さまに感謝いたします」と投稿している。

 昨年の5月には在仏中国大使館のツイッターアカウントが同じようなイラストを投稿し問題視されたが、その際は「改ざんされた」とアカウント乗っ取りを主張していた。

 中国側の不適切投稿は先日も報道官が、葛飾北斎を模して防護服を着た人物がバケツで液体を捨てる絵をツイッターに投稿している。同報道官は昨年にも豪州兵士がアフガニスタンの子供の首にナイフを突きつけ殺害するフェイク画像を投稿している。


 一般国民にはツイッターを規制しておいて、中国共産党の公人らは不適切投稿をして遊んでいるのだ。もう、国としてこういう体質と言わざるを得ない。

関連:葛飾北斎を模倣し防護服で液体を捨てる絵、中国報道官がツイッターに投稿→過去には豪兵士が子どもの首に刃物突きつける合成写真を投稿して批判浴びた人物
関連:立憲・柚木道義さん、5人以上の会食現場で笑顔の写真、亡くなった羽田雄一郎氏へのお悔み投稿に添付


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で