山尾志桜里が立憲民主党に激怒「政局利用、支援者向けのパフォーマンスにウンザリ!」「グッと我慢してお付き合いしている」

政治・社会



 憲法改正の手続きを定めた国民投票法の改正案が6日の衆議院憲法審査会で可決された。

 この憲法審査会で賛成討論を行った国民民主党の山尾志桜里衆院議員は、修正案を自民党との二党間だけでの話し合いで進めた立憲民主党について「政局利用したり支援者向けのパフォーマンスにはウンザリしている」「グッと我慢してお付き合いしている」と、その姿勢を厳しく非難した。

共産党と連合の狭間でもがく立憲

 修正案を提出し賛成に回った立憲民主党は「改正法施行後3年をめどに検討を加え、必要な法制上の措置を講ずる」と付則に明記したことで改憲改正の発議が3年間は制限できると説明している。山尾氏はこういった立憲の詭弁が、憲法議論を停滞させることを危惧しているようだ。

 立憲民主党としては支持母体である連合が、国家観の違う共産党と接近しすぎることを危惧していることに配慮し、あえて共産党とは賛否が分かれるよう修正案で手を打ったという見方もある。一方で立憲民主党支持者の中には憲法改正に強く反対するものも多く、次期衆院選と参院選まで「憲法改正議論を阻止した」というパフォーマンスともとれる。

 憲法改正私案まで発表していた枝野代表らが、共産党との選挙協力のために憲法改正反対パフォーマンスをはじめ、それを快く思わない連合との板挟み状態になっているのが現状だ。すべては選挙で自分たちが生き残るためだけの思惑であり、国民のことは完全に置き去りになっているのだ。

関連:山尾志桜里さん、本当のことをバラしてしまう「野党はなぜ改憲議論しないか?→議論すると共産党から対立候補立てられちゃうから」
関連:山尾志桜里「安倍政権下での憲法改正議論に反対と言っていた人たち、これで議論できるようになるんだろうか?」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で