国民・大塚耕平さん、立憲との違いを見せつける「朝日・毎日記者が架空予約。記事にするための自作自演。責任を取るべき」

政治・社会



 朝日新聞出版と毎日新聞の記者が、新型コロナワクチンの接種予約を不正に入力していた問題で、国民民主党の大塚耕平代表代行は18日、自身のツイッターで「記事にするための自作自演。毎日社長室広報担当は「確認作業は公益性が高いと判断。予約はすぐ取り消した」と理解不能のコメント。この行為と説明はアウト。責任を取るべきだと思う」と両社の行為について痛烈に批判した。


事実に基づかない立憲

 ワクチンの不正予約問題では、岸信夫防衛大臣が抗議の声明をツイッターに投稿したことで、立憲民主党の枝野代表が「早い段階で気づかせてくれてありがとうと言うのが本来の姿ではないか」などと朝日・毎日を擁護している。

 両社を擁護している人のほとんどが「報道の自由」「不具合を見つけてくれた」というものだが、国民の命がかかったワクチン接種の業務を妨害する報道の自由などありえず、不具合についても防衛省が把握していたことをAERAの記者が暴露する形で記事にしたのが発端だ。朝日新聞出版や毎日新聞が不具合を発見したという事実はない。

 大塚代表代行の反応こそ政治家として真っ当なものだ。

関連:安倍前総理、退任後初「ジューシー」→からの「朝日、毎日は極めて悪質な妨害愉快犯」ワクチン不正予約に苦言
関連:岸信夫防衛相「朝日新聞出版AERAドット及び毎日新聞の記者が不正な手段でワクチン予約を実施。極めて悪質な行為、厳重に抗議する」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で