前川喜平さん「21歳が17歳の高校生と性的関係を持って逮捕された。これを犯罪にしなければならない理由は何なのだろう?」

政治・社会



 元文科事務次官の前川喜平氏は20日、21歳の駒澤大学陸上部の選手が17歳の女子高生にみだらな行為をしたとして逮捕された事件について「21歳の駒大陸上選手が17歳の高校生と性的関係を持って逮捕された。これを犯罪にしなければならない理由は何なのだろう?」と疑問を呈するツイッター投稿を行った。


淫行と自由恋愛と貧困調査

 淫行と自由恋愛の判断が難しいのは事実だが、これを教育行政のトップであった前川氏が擁護していることが問題だ。マッチングアプリがきっかけとなっており、女性側が18歳以上であることが前提となっていた可能性もあるが、容疑者は相手が高校生である認識を持っていた。有罪になるかどうかの問題ではなく、前川氏は高校生にマッチングアプリで知り合った成人男性と関係を持つことを「自由恋愛」とし、違法行為の可能性を排除して推奨できるのか?

 前川氏は文科事務次官時代の出会い系バー通い「貧困調査」が取り沙汰された過去があるが、そこにいた未成年がマッチングアプリを使って成人男性と関係を持つことを許すのか?これを許すのであれば貧困調査と称した活動の意義と根拠を完全に失ってしまうのではないか。

関連:前川喜平さん「ラウンジを女性と訪問?それ、同伴出勤って言うんじゃないの?」専門家としての知識を披露
関連:前川喜平さん「答えたくない質問には、一番もっともらしく聞こえる理由をでっち上げればいい」貧困調査の事ですか?

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で