フェミの出番!立憲民主党議員「50歳近くの自分が14歳の子と性交して捕まるのはおかしい」法改正に関するワーキングチームで主張

政治・社会



 立憲民主党の50代の衆議院議員が、性犯罪刑法改正に関するワーキングチームで中学生を性被害から守るための法改正を議論した際に「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と主張し、一律の取り締まりに反対していたことがわかった。

<独自>「50歳が14歳と同意性交で捕まるのはおかしい」立民議員が主張 – 産経ニュース
 立憲民主党の性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム(WT)で、中学生を性被害から守るための法改正を議論した際、出席議員から「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」などとして、成人と中学生の性行為を一律に取り締まることに反対したことがわかった。

複数の党関係者によると、発言したのは50代の衆院議員。「年の離れた成人と中学生の子供に真剣な恋愛関係が存在する場合がある」
とも語り、厳罰化に慎重な姿勢を示したという。(後略)

議論の一つではあるが・・・

 あくまで現行法で一部で認められる婚姻前提の行為についての議論ではあるが、LGBT法案をめぐる自民党内での発言には激しく抗議して政局に利用した立憲民主党だけに言い訳はできないだろう。

 自民党議員の場合は発言者まで特定され、抗議の署名やデモまで起きている。もしこれらの行動が政治的意図によるものでないならば、今回の立憲民主党のケースでも同様のアクションを起こすべきだ。

 5月に元文科事務次官の前川喜平氏が同様の発言を行った際には、10代女性などを支援する一般社団法人Colabo代表の仁藤夢乃氏が「まじでキモい」と激しい嫌悪感を示していた。


追記:やはりお怒りのようです


 他人に厳しく自分に甘い立憲民主党だけに、この報道をスルーしてやり過ごそうとするかもしれないが、自民党への激しい攻撃とのバランスを考えると記者会見を開いて説明する必要があるだろう。

続報:発言者は本多平直議員「自分が14才との性交で捕まるのおかしい」興奮状態で外部講師に発言、寺田座長が謝罪していた

関連:福島瑞穂さん「(LGBT法案)みんなの声で廃案にしよう」→慌てて削除するも時すでに遅し
関連:山谷えり子議員「LGBTは種の保存に背く、道徳的にLGBTは認められない、と私は一切発言していません」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で