発言者は本多平直議員「自分が14才との性交で捕まるのおかしい」興奮状態で外部講師に発言、寺田座長が謝罪していた

政治・社会



 立憲民主党が性犯罪刑法改正に関するワーキングチームで中学生を性被害から守るための法改正を議論した際に「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と50代の議員が発言した問題で、発言者が本多平直衆院議員(56)であったことを朝日新聞が報じた。発言者については最初に報じた産経新聞などが伏せていた。

「14歳と同意性交、捕まるのはおかしい」立憲議員発言:朝日新聞デジタル
(前略)
 複数の関係者によると、5月10日に開かれたWTで本多平直衆院議員(56、比例北海道ブロック)が「例えば50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言した。同月下旬のWTでも「12歳と20歳代でも真剣な恋愛がある」「日本の『性交同意年齢』は他国と比べて低くない」との趣旨の意見を述べたという。
(後略)

興奮状態で発言、座長が謝罪

 毎日新聞では名前が伏せられているが、発言者(本多議員)は外部講師に対して興奮状態で発言をしており、WTの寺田学座長が後日に謝罪をしていたという。本多議員の国会での振る舞いを知るものなら、その様子が目に浮かぶだろう。

成人の性行為禁止「13→16歳未満」 立憲WT、取りまとめ断念 | 毎日新聞
(前略)
 寺田氏によると、この会合で、外部講師が刑法の対象年齢を16歳未満に引き上げるよう提案したのに対し、出席議員が「50歳近い自分が14歳と性交したら同意があっても捕まることになる。おかしい」と反論した。別の出席者からも類似の意見があった。寺田氏は反論が「興奮状態」だったとして、会合の翌日、講師に謝罪したという。

福山幹事長「本人が撤回、それでいいのでは」

 この問題でさらに批判を浴びているのが福山哲郎幹事長の能天気な対応だ。福山幹事長は取材に対して「本人が『撤回』と言っているので、それでいいのではないか」と述べ発言者を明かさなかったが、これに対して朝日新聞が発言者氏名の公表に踏み切ったようだ。
参考:「14歳と同意性交、捕まるのはおかしい」立憲議員発言:朝日新聞デジタル

 会合に出席した識者は議員辞職相当との考えも示しているようだが、立憲民主党の対応は身内に甘い体質を露呈している。本多議員の発言の他に「中学生から成人を口説いて恋愛関係になり、性行為に至る場合もある」というものもあったようだが、この発言は削除されず報告書に記載されているという。

 自民党議員のLGBT関連発言ではいまだに立憲民主党議員から批判の声が上がっているが、本多議員に対しても同じ対応をしなければダブルスタンダードだ。興奮状態になったという事も踏まえると、国会議員の資質まで問われる事案である。

関連:真摯な恋愛では済まされない「50歳近くの自分が14歳の子と性交して捕まるのはおかしい」の何が問題か【マガジン103号】
関連:立憲・本多平直議員がアベノマスクに感謝した一般女性を中傷「NHKに言わされてる、どこか別の国の放送局かと」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で