毎日新聞「はらぺこあおむし」作者訃報をネタに五輪批判する風刺画掲載→偕成社社長が抗議「猛省を求める」

政治・社会



 毎日新聞が5日の朝刊で、世界的な人気絵本「はらぺこあおむし」の作者であるエリック・カールさんの訃報をネタにして東京オリンピックを批判する風刺画を掲載したことに関して、日本で同書を出版する偕成社が7日、毎日新聞に対して「猛省を求める」声明をホームページで発表した。

風刺漫画のあり方について | 偕成社 | 児童書出版社
6月5日毎日新聞朝刊の「経世済民術」という風刺漫画のコーナーに「エリック・カールさんを偲んで はらぺこIOC 食べまくる物語」と題してはらぺこあおむしに擬したバッハ会長以下IOCメンバーの似顔絵が掲げられました。「放映権」というリンゴをむさぼっている図です。

風刺の意図は明らかで、その意見については表現の自由の点から異議を申し立てる筋合いではありませんが、多くの子どもたちに愛されている絵本『はらぺこあおむし』の出版元として強い違和感を感じざるを得ませんでした。

『はらぺこあおむし』の楽しさは、あおむしのどこまでも健康的な食欲と、それに共感する子どもたち自身の「食べたい、成長したい」という欲求にあると思っています。金銭的な利権への欲望を風刺するにはまったく不適当と言わざるを得ません。

作者は多分ニュースでカールさん逝去の報を知り、「偲ぶ」という言い方をしていますが、おそらく絵本そのものを読んでいないのでしょう。もし読んだうえでこの風刺をあえて描こうとしたのだとしたら、満腹の末に美しい蝶に変身する結末をどのように考えられたのでしょうか。

風刺は引用する作品全体の意味を理解したうえでこそ力をもつのだと思います。今回の風刺漫画は作者と紙面に載せた編集者双方の不勉強、センスの無さを露呈したものでした。繰り返しますが、出版に携わるものとして、表現の自由、風刺画の重要さを信じるがゆえにこうしたお粗末さを本当に残念に思います。日本を代表する新聞の一つとしての猛省を求めたいと思います。

(社長 今村正樹)

風刺が作者の意図を無視

 風刺画とはいえ、よくこれが掲載できたものだ。見た瞬間に胸糞が悪くなる。


 作者の意図を完全に無視したうえに、わざわざ「エリック・カールさんを偲んで・・・」と訃報をネタにしている。本来、風刺画とは直接的な表現ではタブーとされる部分に踏み込むものであるが、内容を知るものが見れば、全く風刺になっておらず五輪批判と同時に同書を侮辱する内容にしか見えない。

 現段階で毎日新聞の謝罪などは確認できないが、表現の自由を履き違えたことには猛省してほしい。

関連:葛飾北斎を模倣し防護服で液体を捨てる絵、中国報道官がツイッターに投稿→過去には豪兵士が子どもの首に刃物突きつける合成写真を投稿して批判浴びた人物
関連:立憲・杉尾秀哉さん、毎日新聞の誤報で質問し撃沈!尾身会長に完全否定されてしまう


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で