自民党・安藤裕議員がAERA記事への反論動画を投稿「不倫をしたような事実はない。なぜこのような嘘の記事を書くのか」

マスコミ・報道


 次期衆院選への不出馬を表明した自民党の安藤裕衆院議員(京都6区)が26日、朝日新聞出版「AERA dot. (アエラドット)」が報じた不倫疑惑を自身のYouTubeチャンネルで否定した。

ゲスなのはアエラではないのか?

 AERAの記事では安藤氏の不出馬理由を"ゲス不倫"として掲載していた。記事全般が匿名の地方議員と支援者の証言とされる内容で構成され、事実関係が確認がなされた形跡のないゴシップであった。

 安藤氏は不倫を完全に否定し、記事にある『ミュージカルの公演に安藤氏が女性と一緒に行っていた』『居合わせた知人に『私の妻です』と連れていた女性を紹介した』という内容についても否定したうえで「なぜこのような嘘の記事を書くのか」と憤っている。女性問題報道や噂と不出馬は全く関係ないと断言している。

 この不倫疑惑については京都新聞が最初に報じたのが発端であるが、AERAの記事では女性の特定が可能な形で書かれおり、その中で女性の子供についても触れられている。疑惑を報じるなとまでは言わないが、安藤氏を"ゲス不倫"などと中傷するまえに、自分たちの報道姿勢がどれだけゲスなものか考えてみた方がいい。

関連:自民・安藤裕議員が一部報道に抗議「取材もなく、事実と異なる記事」「法的手続きも含めて断固たる対応を取る」
関連:岸信夫防衛相「朝日新聞出版AERAドット及び毎日新聞の記者が不正な手段でワクチン予約を実施。極めて悪質な行為、厳重に抗議する」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で