ワクチン反対派がマスクなしで札幌市役所と道庁に押し掛ける→応対した職員7名が新型コロナ感染

政治・社会



 ワクチン接種に反対するため札幌市役所を訪れた複数の来庁者に対応した職員3名が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。来庁者はマスクをしていなかったため、マスク着用やパーテーションのある別室での対応を職員からお願いされたが応じなかったという。
 同じ人物らが北海道庁にも抗議に訪れているが、そこでも応対した職員4名が新型コロナウイルスに感染していることから、この来庁者が感染源である可能性について保健所が調査している。
出典:ワクチン反対の市民らに応対した道職員らが感染 | HTB北海道ニュース

ほとんどテロ行為

 この来庁者はワクチンに反対するだけでなくマスクもしていなかったことから、新型コロナウイルスそのものに懐疑的な集団と思われる。ほとんどテロ行為であるが、この人物らが新型コロナウイルスの脅威について否定的であることから、故意に感染させて危害を加える意図の立証は難しそうだ。

 反ワクチンであることやマスクをしていないことで法的な措置をとることはできないが、庁舎内で職員の指示に従わず業務を妨害したことに対しては可能だろう。ワクチンに不安を覚えたり、新型コロナに対する警戒のレベルは人それぞれであるが、それを他人に押し付けて場合によっては実力行使にまで出るのがこの手の人たちの怖さでもある。

関連:沖縄県が公表を阻止?看護師ら十数名がワクチン接種拒否→51名感染17名死亡の大規模クラスター 西村大臣「医療機関では珍しい」
関連:どこの代弁者?立憲・森ゆうこ議員、拉致問題交渉のため北朝鮮へのワクチン提供を求める→茂木大臣「北は感染者いないのでは?」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で