【写真】立憲・池田まき議員、ガードパイプから車道側に出て全力活動!縁石をお立ち台代わりに笑顔で手を振る

政治・社会



 立憲民主党の池田まき衆院議員(北海道5区)が3日、恵庭市内の交差点での活動中にガードパイプの車道側に立ち手振りを行っていたことがSNS投稿で判明した。池田氏は縁石をお立ち台代わりにして笑顔で手を振っているが、何のためのガードパイプと思っているのだろうか。



過去には重大な車両トラブル

 この池田さんという方は民進党支部長時代の2017年元旦、雪の北海道で摩耗したスタッドレスタイヤのまま高速に乗り立ち往生するトラブルを起こしている。本人曰く、廃車予定だった車両を無理やり車検を通してもらっていたのだとか。

 この数日後には別の街宣用乗用車のオイル漏れで、またまた高速で立ち往生。

 まったく安全運行管理が行われていない証左であるが、当時の池田さんは災害や天災の度に「防災士の池田真紀です」とSNSに投稿していた。防災士ご本人が災いを引き起こしているのに。

 2019年の大津園児死傷事故では、交差点付近へのガードパイプ設置の必要性が議論の的になった。池田氏が立っていた場所は大津園児死傷事故と同じような構造であるが、わざわざガードパイプから車道側に出て活動するのは認識の甘さを表している。

【大胆】立憲・池田まき議員、芝生に杭打ちのぼり旗をぶっ刺して病院前で演説

関連:福山哲郎さん「街頭演説。クラクションの応援を頂きました」→車道に出ていたので鳴らされただけでした
関連:立憲・池田真紀さん「終わった!史上最悪の東京大会!日本!」米オリパラ委員会とパラ水泳選手のトラブルで日本を罵倒してしまう

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で