立憲・小川淳也「感染爆発は五輪と関係あると尾身会長が言った」→西村大臣「関係ないと言ってた」→苦し紛れに小川「大運動会やってるわけですから」

政治・社会



 立憲民主党の小川淳也衆院議員(香川1区)は5日の議院運営委員会で、新型コロナウイルスの感染爆発が五輪の影響ではないかと指摘し「尾身さんもそう言ってます」と政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長の名前を挙げた。

 これに対して西村康稔大臣は、前日の厚労委員会での尾身会長の発言について「五輪開催が意識に与えた影響はある、とおっしゃってますが、バブルの中での感染が国内の感染拡大に直接影響しているとは全く思わない、とも発言しています」と述べ、尾身会長が五輪と感染拡大の関連性を認めた事実はないことを説明した。

 誤った発言を指摘されたのが悔しかったのか、小川氏は「かたや“大運動会"やってるわけですからね」と東京オリンピックを大運動会と揶揄した。

なぜ君は総理大臣になれないのか?

 小川氏は自身を扱った映画「なぜ君は総理大臣になれないのか?」の続編を撮影中で、香川県での活動にも撮影スタッフが同行している。もとから発言が芝居じみている小川氏が、映画撮影中とあって妙に気合が入って空回りしているように見える。

 彼が総理大臣になれない理由は、言葉の軽さと大袈裟な芝居だろう。

 東京オリンピックを「大運動会」と表現するのも、その言葉自体に問題があるわけではないが、奇をてらって余計な言い換えをしたために、出場選手らの努力を嘲笑したような形になっている。

 君はもう総理大臣にはなれない。

関連:立憲・小川淳也さんが空港での違法駐車を謝罪「遵法精神を尊ばねばならない立場でありながら不適切だった」
関連:【なぜ君は総理大臣になれないのか】立憲・小川淳也議員が「憲法改正したい”輩”」発言を謝罪「未熟、不徳をお詫びしたい」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で