東京都医師会の情報誌「素人でもできる不要不急の商売は次々と潰れていく」コロナ禍で客足遠のく理容院を中傷するコラム掲載

政治・社会



 東京都医師会が発行する情報誌「都医ニュース」令和3年8月号のコラムで、新型コロナウイルス蔓延により客足が遠のく理容院について「新型コロナに向かう姿勢など微塵も感じられない」「素人でもできる不要不急の商売は次々と潰れていく」と理容師を中傷するような内容が掲載されていたことがわかった。



偉い先生は上級国民なのか?

 問題のコラムは町田市医師会報からの転載であるが、これを東京都医師会の情報誌に掲載する感覚が理解できない。無所属・維新会派の青山まさゆき衆院議員はこのコラムについて「これを見出しにしてしまうところに東京都医師会の感覚が」とツイッターに投稿し、医師会が他の産業を下に見る体質について指摘している。


 記者会見では勇ましく政府の対応を批判する都医師会であるが、考えているのは自分たちのことばかりで他の産業など「不要不急」だと思っているのだろうか。

 批判が殺到したのか本記事執筆中の13時30分ころに東京都医師会のホームページからは8月号のリンクが消え、PDFファイルも削除された。現場でコロナ対応する医療従事者と、自分たちを上級国民だと思っている"偉い先生"との意識の差が顕在化した事案と言えるだろう。
追記:問題のコラムが削除された新たな8月号がアップされたが説明は無い
令和3年8月号 Vol.666 | 公益社団法人 東京都医師会

続報:東京都医師会が謝罪「今後は掲載前のチェック体制を強化する」都医ニュースで「素人でもできる不要不急の商売は次々と潰れていく」

関連:立憲・石垣のりこ後援会、新型コロナセミナーチラシにバイオハザード「アンブレラ社」のロゴを使用→指摘受けこっそり差し替え
関連:テレビ朝日の五輪番組スタッフ10名が深夜に打ち上げカラオケ大宴会→女性スタッフが2階から転落して足を骨折、緊急搬送

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で