【動画】野党がテレビの検閲を開始!立憲・安住氏「テレビが暴力装置になる。個別にチェックさせてもらう」またクズ・論外と評価して控室に張り出すのか?

政治・社会



 立憲民主党の安住淳国対委員長は15日、自民党総裁選一色になる情報番組や共産党を侮辱する内容を放送されたとして、今後は個別に番組をチェックして場合によってはBPOへの対応もする意向を明らかにした。安住氏はテレビについて「暴走されたのでは総選挙を控えた国民を意図的に扇動して暴力装置になりかねませんから」と述べ、集まった記者らにも自制を求めた。

新聞張り出し問題の反省なし

 共産党を批判すると検閲が始まる。まんま中国共産党の言論弾圧ではないか。

 この安住氏の発言には野党支持者からも批判の声が上がっており、八代英輝弁護士の共産党に対する「暴力革命」発言に猛然と抗議していた人たちですら呆れている。

 安住氏は昨年2月に、国会内の控室に新聞各紙のコピーを貼りだし、野党に都合の良い論調にはハナマルを付け、野党に厳しい論調や取り上げる量が少ない新聞を「クズ」「出入禁止」「論外」などと赤ペンで書き加えていたことが問題視された。そのことをなにも反省していないのか、今回もメディアに対する圧力を堂々とやっているのだ。

 自民党が総裁選でメディアをジャックした状態は国民の関心に応じたもので、これを圧力によって変更しようという試みは反発を招くだけだ。野党は衆院選に向けて墓穴を掘っているとしか思えない。

関連:共産党が強制わいせつ隠蔽のため言論弾圧か?再調査を求める党員の連名文書作成に書記局「分派につながる、認めない」
関連:立憲民主党議員「表紙を見てマズイと思った」共産党との対談本が発売延期 安住国対委員長が厳しく注意

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で