【動画】小泉進次郎最後の会見が異様な空気「お疲れさん、と言う唱和と拍手で送りましょうや!」→拍手も唱和も起きず苦笑

政治・社会



 小泉進次郎環境大臣として最後となった1日の記者会見で、終了して立ち去ろうとした際に記者が「代表幹事!ごくろうさん、お疲れさんと言う唱和と拍手で送りましょうや!」と声がかかる場面があった。小泉氏は照れくさそうに「ほんとですか?」と笑っていたが、結果的には誰も拍手をせず唱和もなかった。


 声をかけたのはおそらく環境ジャーナルの清水記者と思われるが、小泉氏の会見は記者と大臣の関係が良好で和気あいあいとしていた。小泉氏の考え方や打ち出す施策が環境系ジャーナリストにはすこぶる評判が良かったのだろう。

 この日の会見は1時近く行われたが、どんな質問にも小泉氏がポエム調で延々と語るという異様なものであった。記者らも感慨深い様子で質問していたが、さすがに拍手と唱和はやり過ぎだと思ったのか、他の記者は全く応じていない。

 なぜだか悲しくなる最後だった。

関連:アエラドットが小泉大臣の発言を捏造か?熱海土砂災害に「テレビの中の出来事」→動画では該当発言無し、指摘受け記事を改ざんか?
関連:【動画】小泉進次郎が菅総理への思い語る「一部の周囲の考えが、あたかも総理の考えのように報じられ反感を買った」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で