【岩手1区】小沢一郎氏が階猛氏の公認を受け入れ「党内が割れているかのような印象を与えるの控えたい」訴訟まで起こしたのは小沢さんなんですが・・・

政治・社会



 立憲民主党の小沢一郎氏が13日、衆院選で現職の階猛氏の党公認を受け入れる意向を示した。刺客として立てた佐野利恵氏は比例代表東北ブロックに回すようだ。
 立憲民主党の岩手県連は、昨年の県連結成大会で階氏を会場前で門前払いし、政治資金の取り扱いを巡って訴訟まで起こしていた。

現職・階氏の公認受け入れ 岩手1区で立民・小沢氏:時事ドットコム
 立憲民主党岩手県連代表の小沢一郎衆院議員は13日、国会内で記者会見し、衆院選岩手1区について党本部が決めた現職の階猛氏の公認を受け入れる考えを示した。県連が独自に擁立を決めた新人の佐野利恵氏を比例代表東北ブロックに回すことも容認した。小沢氏は「総選挙が目前に迫っている中、党内が割れているかのような印象を県民や国民に与えることは控えなければならない」と述べた。

野党共闘という名の選挙互助会

 新党として合流早々に階氏を排除したのは小沢さんなんですが。小沢氏が率いる岩手県連としては、野党共闘に協力的でなかったとして階氏を拒絶してきたが、一方で党本部はあくまで現職で活動中であった階氏を優先する考えを示していた。

 衆院選直前の情勢調査では階氏が選挙区で与党候補をリードし、岩手県連が刺客として立てた佐野氏は厳しい情勢と言われている。このままいけば小沢氏が階氏との抗争に敗北した形となるが、それを避けたのかもしれない。

 一方で、小沢チルドレンと呼ばれる岩手県の達増拓也知事は「階氏は公認での立候補を辞退すべきだ」と党本部の決定に納得せず鼻息が荒い。
参考:岩手1区「階氏は公認辞退すべき」 達増知事が持論 | 河北新報オンラインニュース

 自分の知事選を応援せず参院選でも共闘に参加していないと理由らしいが、階氏は立憲でも国民でもなく無所属であった。野党共闘に協力しなければ攻撃するということだろうが恐ろしい選挙互助会だ。

関連:新・立憲民主党さん、早くも泥沼の内輪揉めで訴訟沙汰へ!小沢一郎率いる岩手県連が階猛議員を提訴する異常事態
関連:内ゲバと独裁の立憲民主党!階猛議員を訴えた小沢率いる岩手県連、結成大会入口で階氏を門前払いする実力行使

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で