音喜多駿議員「驚くほど強い口調で詰め寄られたそうです」小川淳也氏に出馬辞退を迫られた町川氏とのYouTube対談を予告

政治・社会



 日本維新の会の音喜多駿参院議員は17日、同党が香川1区に擁立する町川順子氏が立憲民主党の小川淳也氏(香川1区)から出馬辞退を迫られたことに関して「町川順子さん本人と話しましたが、驚くほど強い口調で詰め寄られたそうです」とツイッターに投稿し、町川氏とのYouTube対談を企画して有権者の判断を仰ぐ意向を示した。


居直り逃げ切るつもりか?

 小川氏の行動は地元紙が詳細に報じているが、これに対して小川氏は「悪意に満ちた報道」などと不快感を露にし、代議士会の会場で馬場幹事長に泣きついたことに関しても「ことさらおわびするつもりはない」と会見で述べている。
参考:【動画】小川淳也さん「僕が落ちたら町川さんのせいですからね」維新候補実家への突撃も「正当な政治活動、お詫びするつもりない」

 立憲民主党の体質として、所属議員や支部長の問題行動に関しては「一発退場」か叱責程度の「不問」の両極端になる傾向が強い。福山幹事長は会見で、代議士会で維新所属議員に不快な思いをさせたことに関しては謝罪しているが、町川氏に辞退を迫ったことは「旧知の仲だ」として問題視していない。

 いくら立憲執行部や小川氏が居直ろうとも、非常識で民主主義に反する行為を行った事実は変わらない。有権者も小川氏の詭弁に騙されるほど馬鹿ではない。

関連:【動画】福山幹事長「玉木代表の元秘書で旧知の仲だから」対立候補の実家を突撃した小川淳也議員を処分せず
関連:立憲・小川淳也議員のドキュメンタリー映画を選挙区内県立高校で上映か?

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で