日本共産党岩手県委『汚染水』の表記を改めず「新たな安全神話を作らないためにも安易な言い換えはしていません」

政治・社会



 日本共産党岩手県委員会が衆院選での比例投票を呼び掛けるツイッター動画のなかで、福島第一原発から海へ放出される処理水を「汚染水」「放射能汚染水」と誤った呼び方をしている問題について同委員会は22日「言い換えれば解決する問題ではないと考えています。国と東電がこれまでウソを重ね、決定的に信頼されていないからです。新たな安全神話を作らないためにも安易な言い換えはしていません。」と、訂正するつもりがないことを明かした。


処理水を汚染水に言い換えているのは共産党

 問題となった動画は以下の二つだ。


 貯蔵の限界を超えつつあり、必ず対応しなければならない問題である。放出しても問題のないレベルに処理される水を「汚染水」と呼ぶことは更なる風評被害を呼ぶだけ。共産党としては問題解決よりも、なにか次の問題が起きて欲しいと願っているのだろうか。

関連:NHK処理水報道問題!国益を損なう報道に「謝罪を求める」足立康史 vs.「絶対に謝りたくない」NHK前田会長
関連:福島みずほ「処理水の海洋放出で実害が出る」細野豪志「実害とは何か説明して頂く必要がある」→みずほ、削除逃亡中

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で