日本維新の会・南純候補(東京9区)が暴行被害受け搬送される 全治2週間の打撲

政治・社会



 衆院選東京9区に日本維新の会公認で出馬している南純候補が23日夜、暴行被害を受け搬送されていたことが本人ツイッターにより判明した。選挙活動中と思われるがスタッフは無事で、本人は全治2週間の打撲。現在、石神井警察が捜査中とのことだ。


すでに現場復帰、選挙活動を再開

 全治2週間ではあるが腫れもないとのことで、南氏は翌日から活動を再開している。


 演説妨害などで候補者を小突き警察が介入するというケースはよくあるのだが、明らかな暴行で候補者が搬送されるのは稀だ。街頭では不特定多数を対象とするため、なかには度を越したヤジを飛ばされたり、集まった支援者まで罵倒されるケースもある。今回の暴行事件に政治的な意図があったかは不明であるが、いずれにしても許されることではない。

関連:【動画】条例反対の共産党は知らんぷり?広島平和記念式典で左翼の妨害デモ、厳粛求める平和条例も無視「静かになんかしてられるか」「天皇制反対」市民に罵声
関連:【動画あり】無免許都議の木下富美子さん、2年前の都議会でドスコーイ!と自民都議を張り倒す暴行騒ぎを起こしていた

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で