【恥知らず】CLP資金提供問題の調査も終わらぬ立憲民主党、NHK不適切字幕問題でヒアリングを行うことを決定

政治・社会



 昨年12月にNHK・BS1で放送されたドキュメンタリー番組内で、事実関係の確認ができないまま「金を受け取って五輪反対デモに参加した」とする不適切な字幕が表示された問題で、立憲民主党会派の総務部会がNHKからヒアリングを行うことが急きょ決定した。


メディアへの資金提供問題は?

 岸まきこ参院議員の投稿には多くのツッコミが入っている。なぜなら、立憲民主党では公共メディアを標榜していた動画配信プロジェクト「Choose Life Project」(チューズライフプロジェクト)通称CLP(シーエルピー)に対して、秘密裏に約1500万円の資金提供をしていたことが発覚しているからだ。

 露骨なメディア買収との見方もあり、そのような問題を抱え調査も終わっていない立憲民主党にNHKの何を糺すことができるというのだろうか。公共メディアを買収していた疑いのある立憲民主党が、公共放送を呼びつけてメディアの在り方を問うのだろうか。

 恥知らずとは正にこのことだ。

関連:NHKが謝罪、東京五輪「金を貰って反対デモに参加」男性証言の事実確認を怠りテロップ なぜ?大手メディアは追随しなかったのか?
関連:福山哲郎は本当にCLP番組制作に関与してなかったのか?→自らがメインの番組など複数回出演してました


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう