辻元清美さんが語る落選の理由「山崎拓・元自民党副総裁が応援に来たこと、一般の有権者がおかしいと思ったことは否めない」

政治・社会



 昨年10月の衆院選で比例復活もできず落選した辻元清美前衆院議員が、敗北の理由について毎日新聞のインタビューで語っている。いくつかの理由を挙げているが、その中には自民党の山崎拓・元副総裁が応援に駆け付け批判されたことも含まれている。

持続可能な社会へ共感と参画の政治を 傲慢さ生んだ「野党第1党病」 | | 辻元清美 | 毎日新聞「政治プレミア」
 また、自社さ政権のときに超党派で特定非営利活動促進法(NPO法)をつくるなど、いっしょに仕事をしてきた山崎拓・元自民党副総裁が応援に来たことも批判された。山崎氏は「辻元は全く国会で仕事をしていない」という私への個人攻撃に対し「しっかりと仕事をしてきた」と反論するために駆けつけてくださった。とはいえ、やはり一般の有権者が「元自民党幹部が応援に来るのはおかしい」と思ったことは否めない。こちらの伝えたいことだけが伝わると思っていたことは思い上がりだ。有権者の声を地道に聞きながら、現場を大事にする自分の原点に戻りたいと思う。

一部の支持者しか見ていなかった

 大阪府全体で維新旋風にやられたというのが最大の原因だが、新人相手に比例復活も許されないほどのとどめを刺されたのは山崎拓・元自民党副総裁の応援が痛かった。とくに支持者を集めるような演説現場ではなかったが、さすがにマスコミも無視できず選挙中に悪い方向で話題となってしまった。

 また「ローカルの維新は眼中にない」と発言し顰蹙を買ったのも、国会で与党を追及する姿を一部の支持者が英雄視したことが辻元氏を勘違させてまったのだろう。誰かを批判することで一部の人はスカッとするが、それ以外の人がムカッとしていることが見えていなかった。

 辻元氏がすべてにおいて空気を読み誤った感もあるが、これは党全体の問題でもある。当選者らはすっかり安心し、落選者の気持ちを汲み取る様子もなく、また同じ過ちを繰り返そうとしてる。

関連:辻元清美を応援した自民・山崎拓・元副総裁に党員資格停止1年の激甘処分
関連:辻元清美氏の呼びかけ”宗男さんをあいしてます”に自民・鈴木貴子氏が不快感「鈴木宗男を週刊誌ネタで事実と異なる印象操作で国策捜査に陥れた」「辻元さんは秘書の給与を騙し取ったと自ら認めた」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう