社民党「党首選挙の結果、387名の推薦人を得た福島みずほ党首が再任されました」無投票再選をカッコよくアレンジ

政治・社会



 任期満了の伴う社民党党首選は14日、福島瑞穂党首の無投票再選が決まった。党首選に立候補できるのは国会議員に限らないが、締め切りまでに対立候補の届け出がなく社民党の深刻な人材不足を露呈した。

 社民党の公式ツイッターアカウントでは、これを「党首選挙の結果、387名の推薦人を得た福島みずほ党首が再任されました」とカッコよくアレンジして伝えている。選挙など行われていないのに、推薦人の数を得票数であるかのように書いているところがポイントだ。


野党共闘で党勢後退

 社民党の現在の国会議席数は2、福島氏以外に照屋寛徳氏の後継となった新垣氏しかいない。政党要件を満たし党が存続するためには、夏の参院選で比例票2%獲得が条件となっているが、分裂時に立憲民主党に地方組織を奪われたこともあり現状はかなり苦しい。

 昨年の衆院選でも野党共闘の結果として比例票は伸び悩んだ。できるだけ多くの候補者を立てて全国的に選挙戦を展開しなければ、立憲民主党中心の野党統一候補の陰に埋没することは明白である。それでも福島党首は参院選でも野党共闘に期待を寄せているようだ。

 2020年の分裂に際して開かれた臨時党大会で照屋寛徳氏から「先輩の遺産を食いつぶした」と公然と批判された福島党首。遺産を食いつぶしてもなお、自分の議席確保のために比例代表にしがみつく醜態を見せている。党勢は回復どころか後退する一方だ。

関連:これでいいのか社民党!福島瑞穂党首がまた参院比例代表で出馬、選挙区候補を捨て駒に自分だけ議席確保へ
関連:【動画】福島瑞穂党首「岸田内閣は”大丈夫か内閣”」とネーミング→社民党こそ大丈夫か?衆参連敗で政党要件を失う見込み

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう