立憲の出馬要請を断った松野明美さん、維新から参院選出馬へ

政治・社会



 日本維新の会が夏の参院選で、元陸上選手で熊本県議の松野明美氏を比例代表で擁立する方向で最終調整していることが分かった。松野氏は昨年、立憲民主党熊本県連から熊本選挙区での出馬を打診されていたが、野党統一候補という政治的な色が支持者の理解を得られないとして辞退している。
参考:松野明美氏、参院選出馬へ 日本維新の会比例代表 : スポーツ報知

野党統一候補よりも維新

 熊本選挙区ではなく全国比例とした日本維新の会の判断は正しかったのかもしれない。立憲民主党が打診した熊本選挙区は定数1で自民党候補に勝てる見込みはない。全国比例であればタレントとしての知名度もあり、維新の躍進の中で当選する可能性は十分にある。

 松野氏のキャラクターからしても、共産党を含む野党統一候補の色が付くことはリスクでしかなく、日本維新の会のような立ち位置がベストなのかもしれない。

 それにしても立憲民主党の嫌われようは尋常でなくなっている。参院選に向けて候補者擁立の段階で敗けが確定しているようで、もう見るのもつらい惨状だ。

関連:立憲民主党さん、松野明美さんに参院選出馬要請を断られる「不安がぬぐいきれなかった」
関連:立憲民主党は政治をナメきっている!当事者性と専門性を履き違えたタレント擁立の愚かさ【マガジン155号】


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう