【動画】社民党全国大会「連合の芳野会長は男を見る目がない」評論家の佐高信氏が発言、会場から笑い ジェンダー平等の理念に疑問

政治・社会



 社民党第19回定期全国大会に来賓として招かれた評論家の佐高信氏が、連合の芳野友子会長について「男を見る目がない」などと激しく批判する場面があった。

 発言は党大会2日目の参議院選挙総決起集会の中で行われ、佐高氏は「連合は自民党と連合した」などと批判をはじめ、芳野会長が自民党の麻生太郎副総裁と会食をしたが共産党の志位和夫委員長とは会わないとして「なんですかこれ?男を見る目が無いのも甚だしい」と発言した。ジェンダー平等を理念として掲げる社民党としては不適切な発言と思われたが、誰も諫めることなく会場からは笑いが起こった。

支持者からも批判が殺到

 これまでにも数々の暴言が指摘されてきた佐高氏であるが、全く悪びれる様子もなくツイッターで発言を自慢している。投稿には野党支持者などからも多くの批判が寄せられている。


 長年に渡り社民党応援団として活動している同氏であるが、こういう人を切れないのが社民党の悪いところで、わざわざ党大会に招いて登壇させればこういった発言をするのは分かりきったこと。

 来賓の発言とはいえ、代議員らが出席した会場からは笑いが起こっており、社民党が掲げるジェンダー平等とはなんであったのか疑問視されても仕方ないだろう。

関連:社民党が謝罪、機関紙でロシアを擁護し米国の陰謀説を展開「ロシアを悪玉に仕立てた」北朝鮮による拉致問題対応と同じ過ちを繰り返す
関連:社民党副党首「なぜ私のツイートが炎上したのか?女性+社民党+落選者、叩きやすい要素を持っている、こいつは叩いて良いと判断されたのだ」→さらに炎上


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう